理想の時間の
使い方に近づける
ライフログアプリ

・時間の見える化
・タイマー
・目標管理
を1つのアプリで

・時間の見える化
・タイマー
・目標管理
を1つのアプリで

アプリのスクリーンショット

忙しい毎日、どうすればより良く過ごせるのでしょうか?

「やりたいことはたくさんあるのに、1日が24時間じゃ足りない」

「やることが多すぎる、もっと生活にゆとりが欲しい」

このような不満を抱え、改善したいと考えている方は多いでしょう。

いざ改善しようと思っても、時間術に関する本やタスク管理アプリはたくさんあり、調べるだけでも大変です。

まず、何から始めたら良いのでしょうか?

経営学者のP.F.ドラッカーは、マネジメントや自己実現に関する著書で以下のように述べました。

「未来を語る前に、今の現実を知らなければならない。
現実からしかスタートできないからである。」 *

「成果をあげる者は仕事からスタートしない。
時間からスタートする。
計画からもスタートしない。
何に時間がとられているかを明らかにすることからスタートする。」 **

出典 

* P.F.ドラッカー「産業人の未来」

** P.F.ドラッカー「プロフェッショナルの条件 ―いかに成果をあげ、成長するか」

あなたがどのような改善を目指すのであれ、まずは現状の時間の使い方を把握することで、改善のポイントが見えてくることでしょう。

Tokishil (トキシル) は、簡単に時間を記録し、直感的に把握し、改善をサポートする機能を備えています。

今日、ここから、理想に向けて取り組みを始めましょう!

使い方はとても簡単

何に時間を使ったか記録

① 何に時間を使ったか記録

アプリ上でのアイコンタップに加え、カレンダーとの連携や、Siri及びショートカット(iOSのみ)を使って何に時間を使ったかを記録しましょう。

グラフで直感的に把握

② グラフで直感的に把握

記録した時間はリアルタイムでグラフ化されます。
常に昨日や先週との比較で表示されるため、
「今どういう状態/調子なのか」
を直感的に、手触りを持って把握できます。

レポートや目標機能で振り返り

③ レポートや目標機能で振り返り

レポートは日次、週次、月次、年次単位で集計されます。
さらに、目標機能により
「毎週2時間は運動しよう」
「ゲームは1日1時間まで」といった目標に対する進捗をリアルタイムに確認できます。
これらの機能で時間の使い方を理想へと近づけていきましょう!

チュートリアル

機能

普段使いのアプリだからこそ、かゆい所に手の届く使いやすさにこだわっています。

記録

記録

・目安時間を設定し、経過時に通知

   (ポモドーロタイマーのようにお使いいただけます)

・目安時間の経過で記録終了/経過しても記録継続

・各記録にメモ

・増やしたいアクティビティの各記録に評価 (★1-5)

項目設定

項目設定

・アクティビティ(記録項目)は自由に設定可能 (名前、アイコン、色 etc)

・アクティビティのグルーピング

目標

目標

・増やしたい/減らしたいアクティビティに目標時間 (日次/週次) 設定

・ダッシュボードに進捗をリアルタイム表示

レポート/履歴

レポート/履歴

・日次/週次/月次/年次 での記録時間の集計

・目標結果/評価の集計

・記録時間をカレンダー状のグラフで表示

・時系列での履歴表示 (特定のアクティビティに絞り込み可能)

カレンダー連携

カレンダー連携

・予定に合わせて自動で記録

・予定開始時刻の通知タップで記録開始

・記録をカレンダーに書き出す

音声連携

音声連携

・Siriに話しかけて記録開始 (iOSのみ)

アプリ連携

アプリ連携

・ショートカットアプリで記録開始 (iOSのみ)

その他

その他

・アカウント作成により、端末を替えても保存データにアクセス